03-6753-1564 運行可能時間:7:00〜24:00(時間外の予約はご相談下さい)| 予約受付時間:10:00〜17:00(前日の正午までにご連絡下さい)
Loading...
Home 2017-11-19T14:58:44+00:00

介護する方、される方の心の負担、体の負担を少しでも和らげるために
私たちは、安心・安全な移動する自由を支えます。

介護タクシーのむつみは、様々なシーンでご利用いただけます!

介護タクシーの使用シーン1
介護タクシーの使用シーン2
介護タクシーの使用シーン3
介護タクシーの使用シーン4
介護タクシーの使用シーン5
介護タクシーハイエース

そもそも、介護タクシーって?

介護タクシーとは?

電動リフトなどが設置された特殊車両を使用し、車椅子・ストレッチャーに乗ったまま移動が可能なタクシーです。
当社では主に、介助の必要な方(高齢者・障害者)や怪我などにより一時的に歩行困難な方が利用されています。

車椅子OK

自宅・施設・病院間の「通院」・「退院」・「転院」の利用者が多く、「冠婚葬祭」への参加での利用、「帰省」や「旅行」等の長距離利用、「観光」のための貸切利用など、様々な状況にご対応させて頂いております。
また、急用によってご家族による通院の付き添いができなくなってしまった場合、ヘルパー資格を始めとした各種資格を有したドライバーが代わって移送に併せて診察にお付き添いさせて頂くといったことも可能です。
急用など緊急でなくても介護の日々から一時離れ、あらためてご家族の介護に向き合える余裕を作るためにご利用いただければ幸いです。

実際のご利用例をご紹介します。

飛行機を見に行くのが楽しみ 世田谷区在住 86歳 男性 本人 一時利用

介護タクシーしようシーン8
介護タクシーのしようシーン9

ある病院から退院の時にご利用いただいたのがきっかけで、その後の通院などにもご利用いただいておりました。

既に奥様も他界され、お子様も遠くに住まわれているので、退院後ご自宅には訪問介護のヘルパーさんが来ていましたが基本的にはお一人で生活されているとのことでした。

車椅子での生活でいらしたので、通院のためとは言えドライブ気分で外出できるのはありがたいと非常に喜んでおられました。

ある日、ご予約のご連絡をいただき、お話を聞いてみると「空港に行きたい・・・」とのことで、旅行にでも行かれるのかと確認すると「飛行機を見たい」と言われ、ご予約を承りました。

介護タクシーの使用シーン7

当日、お迎えに上がり羽田空港までご案内いたしました。
車中では、雑談交じりで「昔から飛行機が好きだった」、「若い頃は飛行機で旅行など考えられなかった」などと興奮気味に楽しくお話されているのが印象的でした。
空港に着き比較的飛行機をご覧になりやすい場所にご案内し、1時間ほどでしょうか離着陸する飛行機をじっくり吟味するようにご覧になられておられました。

我々から細かくお話をお聞きするようなことは職務上からもいたしませんので、ご本人のお気持ちは測れませんが、ご自宅へお送りの際には、大変満足されたようで何度も「楽しかった、ありがとう」とおっしゃられました。

その後、数ヶ月から半年に一度ですが、「空港へ・・・」というご連絡を承っております。

介護タクシーの使用シーン7
介護タクシーで空港へ

大好きな花火を見てもらいたくて 世田谷区在住 50代後半 娘 一時利用

介護タクシー実例
介護タクシーのしようシーン9

施設にあずけている母に地元の花火大会をご自宅から見せたいというお話で、ご予約を承り、その後動き方をご相談して当日を迎えました。

ご自宅が花火大会の打ち上げ場所である公園のすぐ近くであるため、交通規制や見物客の混雑を避けられるよう、早めにお迎えにあがり、ご自宅までお送りいたしました。

ご自宅の2階から花火がご覧になれるとのお話でしたが、2階まで上がれるかという問題もあり、我々は近隣で見える場所に移動することも視野にいれ待機しておりましたが、途中でご連絡もなく花火大会を楽しまれたようでした。

帰りも混雑に巻き込まれないよう早めに行動をということで、ご自宅にお迎えにあがりましたが、お家は電気が消え真っ暗な状態。

介護タクシー実例

何事かと思っていると中からご家族が、「このタイミングで停電って・・・」と苦笑しながら出てこられ、お孫さんたちは思わぬハプニングに困惑よりも楽しさが勝っていたのでしょう、おばあさんにいっぺんに「すごいねぇ」「おもしろかったねぇ」と話しかけておりました。おばあさんもそれには笑顔で答えていらっしゃったのが大変印象的でした。

帰りしな、おばあさんにご家族の皆様がお別れの挨拶をしていると学生ぐらいのお孫さんお二人が深々と「祖母を連れてきていただいて本当にありがとうございました」とお礼を言ってくださいました。あまりにまっすぐな謝意に照れてしまったシャイな我々ですが、この仕事を選んでよかったと思える瞬間でもありました。

帰りの車中では、娘さんが「来年は泊まりよ、お母さん!!」と気合を入れていたのを聞きながら施設への道を進んで行きました。

介護タクシー実例
介護タクシーで空港へ

お客様のお喜びの声をお聞きください。

お客様のお喜びの声をお聞きください。

  • Law

相続川柳大会

7月 2nd, 2015|相続川柳大会 はコメントを受け付けていません。

不安定な天気が続いておりますが、皆様体調崩されておりませんでしょうか? ”介護タクシーのむつみ”の千葉ちゃんです。 むつみとして走りだし、はや半月ほど経ちました。 今は搬送業務の他に、医療関係の施設や介護関係の施設へのご挨拶をしている毎日を送っております。 そんな中先日、プロサーチ株式会社主催の「第二回「相続川柳」イベント」にて、松尾社長から企業紹介ブースをまかせていただけたので、完成したパンフレットやリクライニング車椅子・AEDを並べ、我が社の紹介をしてまいりました。 […]

ご挨拶

介護タクシー運転手皆様、はじめまして!!
ティガリアルエステート㈱介護事業部介護タクシーむつみ事業部長の千葉伸嘉です。

長いので、むつみの千葉ちゃんとでも覚えてください!!

簡単な自己紹介をさせていただきます。

大学卒業後、不動産会社の営業を経て、学生時代にもやっていた美術館・博物館でのアテンドのお仕事をしておりました。
自慢になってしまいますが、ネットなどにも投稿され“DJポリス”のようだと噂されていたとかいなかったとか・・・笑

この事業を始めるきかっけについてお話しいたします。

前述した仕事の中で、お家のバリアフリーを考えるお客様、杖をついているお客様、車椅子などにのってご来館されるお客様がいらっしゃいました。建物内施設内のバリアフリーは不足がちとはいえ進んできております。しかし、それらを結ぶ道中は、健常者でも歩きづらいところがあるほど。。全然足りていないと常々感じていたことが、この事業に携わるきっかけとなりました。

また、私自信多少ではありますが家族の介護をしていた経験があります。家族の負担の大きさによって、他の家族が消耗していく姿を目の当たりにしました。私自身も落ち込むことがしばしばありました。

よく「家族だから」「家族として」当たり前だと言われます。正論です。正しいです。

ですが、ご家族当人としては当然と理解しながらも納得できずに多少「なんで」「自分のせいじゃ」なんて反発を心のどこかでトゲのように感じていたりするのではないでしょうか。

介護されるご本人は、そんな家族の気持ちを分かりながらも、自身ではどうにもできない歯がゆさがあるのではないかと思います。

こういった家族の関係は健全である、と私は思いません。

ですので、心からご家族がご自身で「家族だから」「家族として」と納得できるようなお手伝いができればという思いでこの事業を始めたのです。

弊社をご利用頂き、ご家族に「ほっと一息、リフレッシュ!!」して頂き、その上でご本人にも「もっと自由に、もっと気楽にどこへでも!!」と、外に目を向けていただければと思います。

弊社はまだ走り出したばかりですが、ゆくゆくはお手伝い出来た移動距離を”日本縦断”、”世界一周”、”月まで”とどんどんと伸ばして走り続けていきたいと壮大な野心を滾らせております!!

是非皆様には優しくお見守りいただけたらと思います。

さぁ、まずは”山手線一周”から目指すぞー!!

介護タクシーむつみ サービスについて

介護タクシーについてよくある質問

介護タクシーむつみ よくある質問

介護タクシーについてよくある質問

救急車は行政の扱っている緊急性のある容態の方の搬送を目的とした公的なものとなります。民間救急車は特別な条件を満たし最寄りの消防署に登録をした民間の移送車になります。医療従事可能な資格を有したスッタッフや設備をもつので医療行為も可能な車両になります。複数のスタッフに設備ということで料金は介護タクシーよりも高くなってしまいます。介護タクシーは、ヘルパー資格などを有したスタッフの運転する車椅子やストレッチャーに乗ったまま乗車可能な車両になります。救急車は緊急時、普段の生活には介護タクシー、その中でも移動自体にリスクを伴う容態の方が民間救急車という使い分けになるかと思います。

目的地到着後、降車など全ての作業が終わった段階でのお支払いとなります。
定期利用に関しては移動距離や移動時間から想定した価格を提案させていただきます。お支払いをある程度の期間まとめてお支払いいただく形になります。
例:月払い振込、週払い集金等
同じ宿泊場所で待機をご希望される場合は宿泊費用もいただきますが、翌日出発時間へのお迎えということであれば頂いておりません。
介助が必要ということであれば院内介助のような形でお付き添いすることは可能でございます。しかし、添乗員ではございませんのでご案内できるとしても一般常識レベルのご案内になるかと存じます。
介助行為をご希望されない限り、待機時間に料金は発生いたしません。予約の状況によっては他のお客様の送迎をさせていただく場合も有り、お帰りの際待ち時間が発生することもございます。

ご予約・お問い合わせはこちらから

03-6753-1564
問い合わせる

運行可能時間:7:00〜24:00(時間外の予約はご相談下さい)
予約受付時間:10:00〜17:00(前日の正午までにご連絡下さい)